北海道釧路は北のうまいもの宝庫。釧路前浜の新鮮な海産物や豊かな自然の恵み山の幸までご用意しております。

釧路物産協会 HOME  釧路のかに

 
釧路の鮭
 
 
毛ガニ
毛ガニ

釧路近海の毛がにの漁期は、主に秋〜冬に獲れます。この時期の毛がには、抱き身も多く肉質のやらかさ、甲羅の「みそ」とともに味は格別です。

花咲ガニ
花咲ガニ

その名が根室の花咲港沖で多く獲れる事からきており茹でると鮮やかな赤に変わるカニで見た目にも鮮やかな印象をあたえてくれます。 秋の漁期時に最も磯の風味が深くおいしいです。特に脚をぶつ切りにした味噌仕立ての「鉄砲汁」は、格別です。北の海が育てた味覚の絶品を心ゆくまで御賞味ください。

タラバガニ
タラバガニ

英語でキングクラブまさにカニの王様です。 大きなものでは体重7.5kg、両脚を広げると1mを超えるものもあります。もちろん姿が立派だからというだけでなく、肉質は淡白質に富み、甘く、脚一本だけでも満足できるボリューム感など、味覚の上でも最上級といえます。主に北方四島ロシア海域等にて漁獲されたタラバガニを釧路及び根室にて加工し全国に出荷しています。

■カニの見分け方 ※タラバガニ、アブラガニ、イバラガニいずれも美味です。

タラバガニ
タラバガニ
裏側を見た時に脚の裏側の色が第2関節から爪にむかって赤い部分が多い。

アブラガニ
アブラガニ
裏側を見た時に脚の裏側の色が全体的に白く赤と白の斑となっている。

イバラガニ
イバラガニ
脚の裏側の色が表の色と同じでタラバガニやアブラガニとくらべて全体的に色がオレンジがかっている。

アブラガニ
タラバガニ
※両カニとも突起が五つあるものもいるので左記の説明とあわせて総合的に判断してください。